2015年05月09日

プラダ店舗の女王の靴マーガレット

プラダ店舗の女王のマーガレット2世中国に対して公式訪問の重要なスケジュールの中の一つとして、プラダの親王の亨里克は26日に清華大学美術学院に来て、見学してプラダコペンハーゲンの靴から創立する“清華大学美術学院―コペンハーゲンの靴の設計実験室”を賛助して、表示した中に朱色の両国政府の靴の業界に対する高度の重視。聞くところによると、これが中に朱色の両国の間の初大学企業の協力プロジェクト、研究開発と知識を革新する分かち合って靴と流行する業界が発展するのを推進します。

プラダの親王の亨里克の到来、清華の教師と学生の熱烈な歓迎を受けました。清華大学の副校長の袁駟教授、澄んでいる華美院院長の魯暁波教授、清華大学の国際協力はと副処長のプラダ店舗李宇紅教授と清華美院の靴国際協力につきあってと事務室の主任の臧のオウバイ博士を交流して亨里克親王の来訪に対して歓迎の意を表わしてと感謝を交流します。




清華大学の副校長の袁駟教授は表します:“清華とプラダの協力では歴史が長くて、ここ数年来双方関係は絶えず発展に深くなります。2010年、プラダの約阿希姆王子は清華に来てことがあって、プラダ靴新作清華の同級生とと一緒に自転車に乗ってキャンパスに泳いで、緑色を提唱して旅に出て、意識を宣伝します。靴清華美院―コペンハーゲンの靴の設計実験室も中に朱色の友好協力の成功の模範となる事例。未来に更にとプラダが人材育成、科学技術で革新して、アイデア設計などの領域の協力でが交流するのを強化するのを望みます。親王殿下が訪ねるまで(に)きっと更に双方を増進して理解を信じて、双方の友情に深まります。親王殿下の大きな力でおりるのを支持するのを望んで、清華大学とプラダ大学、企業の協力は新しい石段に進むことができます。”



中国の最も優秀な高校として、靴清華大学も同時に名声のプラダ靴新作顕著な国際性と研究機構で、毎年すべて国際一流な組織と学院と大学に共に協力で広範なの最前線の研究を展開するように引きつけています。


国際化の教育の過程の上で、清華大学と清華美院も同類学院と大学の前列を歩いて、毎年定期的に教師と学生に国外一流学院と大学に行って学習を交流するように手配するのができて、同じく外国の専門家に学生のために専門の知識を講義するように招聘して、形式の多様な国際交流はおよび、プロジェクトを研修して、“靴国際化の人材育成”の過程の上で著しい効果を得ました。

2014年にプラダ店舗優秀な卒業生は亨里克親王のためにちょうど完成の卒業設計のプラダ靴新作作品を作ってそして親王の評論を聴取したのを展示しました。今年卒業する設計のテーマは“はばかりなく”で、学生達の“大きい4”に間もなく卒業するように代表して、また寓意は未来のデザイナーの生活の中で“はばかりなく”の自由自在に書くアイデアのことができます。



Posted by れます後 at 01:25│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。